gleich zum inhalt springen

子ども服の変遷について

兄に子どもが産まれるらしく、なんとなく浮足立ってしまいます。
ついうっかり、にやついてしまい、はた目から見ると多分怪しい人だと思います。
嬉しくて仕方がないような感じになっています。

一月に産まれたら、ゾゾタウンで服を買おうと今から決めています。
BEAMSの子ども用の服が異常にかわいらしく、気になっていたのです。
今の子ども服ってものすごく可愛いなあ、というのが素直な感想です。


私が子どもの頃って、たぶん実家がそんなに裕福ではないからなのかもしれないけれど、おさがりもかなり多かったですね。
自分から、こういう服がほしい、という主張が特になかったかもしれないです。

いろいろ疎い子どもだったので。

今の子どもたちが、ちょっとうらやましくなったりします。

user in nocategory on 7月 31 2014 » Comments are closed.